<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
プチ・アウトバック =Red centre=Uluru 2nd day=

 ウルルでの滞在2日目はとってエキサイトしていたけど・・・・・あいにくお天気は曇り

 初日は雲一つない青空だったというのに・・・・でも、初日にあのデッカイ一枚岩を見ることが
できて、写真にもおさめられていてよかった!!

 2日目はカタジュタに行く予定をしていたけど初めて見るカタジュタが曇りなのはちょっと・・・・っていうことで急遽変更。ウルルの壁画を見に行くことに。そしてウルルの周り約10KMを歩きにと言いたいけどそんな体力はないので車でサーキットドライブ。

その前に、ここにはラクダ・ツアーというものもある。ツアーとまではいかなくても
ラクダにはちょっと乗ってみたい気がして・・・・立ち寄ることにしてみた
残念ながら午前中しかしていないということで泣く泣くその場を去ることに・・・・ラクダ・・・・・
車を止めた場所が悪かったのか砂漠の砂はサラサラしてタイヤが~~~~埋まっていく


e0085144_3151898.jpg





 この日は運がと~~~~っても悪く、私のデジカメは壊れてしまい・・・・・・・・
一緒に行ったシェア・メイトのデジカメは消えてしまい・・・・・・・
ただ一つ役にたったのが普通のカメラ。念には念をおして持っていった普通のカメラが
こんな時に役に立つとは思いもしなかったけど!

 デジカメが壊れる前に撮った曇りの日のウルル



e0085144_301591.jpg





 ウルルに行くと人によく聞かれるのが

 『頂上まで登った??』

 ウルル滞在は3泊。初日は寝不足もあって登るなんてことは頭にはなかったので登っていない。そして曇りの2日目は・・・・・・・・


 ・・・・・・・・・・ ウルルに登るということ ・・・・・・・・・・

もともとこの ウルルエアーズロック という名前で知られている。
私はあえて知られている名前よりも ウルル という名前をつかっているけど
最近オーストラリアでも エアーズロック とよばれるより ウルル とよばれるほうが多く
なりつつあると思う。

ウルル - アボリジニの言葉で 'meeting place' という意味があるそう

アボリジニの人たちの聖地で彼らは決して登ることはしないもの(一部の司祭以外)
彼らはこの彼らの聖地を誰かが登ることは快くは思ってはいないのが事実。
でも、この地に入ってくる観光客が支払う入場料が彼らに一部還元されているので
渋々認めているらしい。それが彼らが生きていく糧となっているからだ。
そんな事情があることを踏まえて登るか登らないかを決めなければいけない・・・・・

頂上からみる景色は最高やろな~ 登ってみたい気もする・・・・・・・
でも、ここはやっぱりグッと我慢かな?



何か大事に守ってきたものを赤の他人が土足で入ってくる

それはちょっと悲しいかもしれない。 respect  - 言葉がまわる

実際、カルチャーセンターやウルルのパンフレット、登山口などには

 『登らないで下さい』 それぞれの言語で書かれていた

それでも登るか登らないかは個々の判断

私は最後の日までじっくり考えてみようとウルル滞在2日目はそのままスルーに






 夜にはちょっとアウトバックチックにBBQなんてしてみまたした♪

Outback Pioneer Hotel & Lodge という宿泊施設にあるレストラン?!
そこで色々なお肉が売られていて好きなものをチョイスしてBBQは自分でするだけ。
サラダ・パン・フルーツ等はバイキング形式になっていてちょっと嬉しい☆
でも、お肉の値段がとても高かった・・・・・・汗


e0085144_37101.jpg


[PR]
by pb98 | 2006-07-26 23:54 | ワーホリ・旅
プチ・アウトバック =Red Centre=Uluru=

 7月10日から22日までオーストラリアのど真ん中に位置する所へ行ってきた
今回の旅では予定通り

          -ウルル & カタジュタ (エアーズロック&オルガ)
         -アリス・スプリングス
         -デビルズ マーブルズ & テナント クリーク
         -アデレード




e0085144_1291389.jpg





 本当はアデレードからアリス・スプリングスまでは世界で唯一の大陸横断特急列車の
ザ・ガンという電車に乗って行こうと計画を立てていた。
結局、毎日運行されていないことや一緒に行ったシェア・メイトのビザ延長手続きやらで
その方法では行くことができず・・・・・と言うか第一の理由は目的地のアリス・スプリングスは
ザ・ガンの終着駅ではないので乗車証明書がもらえないことだった・・・・・ 
仕方ないので一番始めの目的地のウルルまでは時間をかけて心の準備をすることもなく
3時間ちょいで着いてもた・・・・飛行機の中では寝ていたので寝ている間に着いて
感動も半減になったような感じで損した気分

 このウルルの旅のお供となる車は


Nissan Patrol

e0085144_2359482.jpg


12時過ぎに車をピックアップしたのでホテルのチェック・インまではまだ時間がたっぷりあって
地理もわからずとりあえず街へ行くことに。
あ!街ではなくホテル等が集まった場所だった・・・その名も


Ayers Rock Resort



向かう道中では向こうのほうにウルルドンッと構えているのが見えてきた!!!


e0085144_0101711.jpg



エアーズロックリゾート内には6つの展望台があると地図に載っていたので行ってみる事に~
ってか展望台というよりただウルルカタジュタが見える丘チックなとこだった


Kata Tjuta


e0085144_013851.jpg



Uluru


e0085144_016424.jpg




初めて見るウルルにちょっと興奮してウルルの方へ行ってみました~
エアーズロックリゾートを出て少し車を走らせたところにはウルルとカタジュタへ行く
国立公園のエントランスがあって1人AU$25(3日間有効)を払ってウルルに近づいて行った
国立公園内の道路には日の出&日の入りエリアがあったり、オーストラリアの先住民、
アボリジニーカルチャーセンターやインフォメーションセンターがあった。
カルチャーセンター内では写真撮影が禁止になっているのでお見せすることはできないけど
色々知る機会ができた。

ウルルの大きさにはカナリ怖いものがあった。写真なんかでは一枚岩としてボンッて見ていたけど実際に近くまで行くとその大きさが想像を超えていた。車を走らせていても、あまりにも
大きいあの岩はずっと視界に入ってくるので圧迫される感じ。
角度によって太陽の向きによって形・色を変えるウルルは私たちを飽きさせることがなかった


e0085144_0294728.jpg



e0085144_030098.jpg




最高の天候に恵まれてウルルは雲一つない青空の下と太陽の下で赤茶色に輝いていた


徹夜だった為さっさとホテルにチェック・インして、これからの旅に備えるために休息

ホテルは The Lost Camel と言って可愛らしいお部屋だった

e0085144_0381474.jpg



夕食はホテルの横にスーパー・お土産や郵便局等があるショッピングセンターとは呼べないこじんまりとしたところにレストランがあったのでそこで食べることにした

あまりにも疲れてきっていて名前は覚えていないけど・・・・・・・・ 汗
アウトバックな感じのピザとパスタがあったので食べてみました~♪
変わった味がしてたけど結構美味しくって大満足☆

e0085144_0454879.jpg



[PR]
by pb98 | 2006-07-24 23:48 | ワーホリ・旅
NTの旅

 ただいま~ (*^∇^*)ノ

 昨日、プチ・アウトバックの旅から帰ってきました~♪
今回の旅では今までと違った経験をしたように思える。
今までで自然に触れた旅というと、タスマニアとビクトリアのグランピアンズNPだったけど
今回は砂漠エリアだったためか全く感じが違った。

  
 また明日から写真付きで紹介していきま~す!!
[PR]
by pb98 | 2006-07-23 22:52 | ワーホリ・旅
Red Centre

 今日から久々に旅に出てきま~す (*^∇^*)/

 またまた荷造りが終わっていない・・・・・ 毎回、旅の直前まで荷造りが終わらなくて
寝る時間もナイ。 もっと前もってしていればこんなことにならないのはわかっているけど
うまくできないなぁ~ 荷造り名人がいればコツを教えてください!!

 今回の旅先は  ----  オーストラリアと言えばのウルル(エアーズロック)
                 アリススプリング
                 デビルズマーブル(行けたら・・・・)
                 アデレード


また帰ってきたら旅日記?アップしま~す!

 
 
[PR]
by pb98 | 2006-07-10 02:24 | ワーホリ・旅
イタリアン

 只今、結婚したてのお友達が新婚旅行でメルボルンに来てます♪
約、2年ぶりに会うのでとってもエキサイティング★

 彼女とはメルボルンで学生をしていた時に知り合い、あれから何年たつのだろう?!

 ハネムーンで来られているというのにエキサイティングした私は是非、会いたいと思い
一緒にお食事行って来ました~。
メルボルンはマルチカルチャーの街。彼女の住むオーストラリア・ゴールドコーストには
彼女を虜にするほどのイタリアンレストランがないようで、是非イタリアンがいっぱい住んでいるメルボルンで絶品を探そうじゃないかと、イタリア人街の Lygon St. へ。
City から車で10分程のところにあるイタリア人街は以前にもお店を1つ紹介したけど
今回もまた1つとても良かったので紹介しましょう♪

 ちょうど夕食時くらいに着いたでの、お店の人もお店の前で必死にお客さんの取り合い。
そこの道にはぎっしりとイタリアンレストランで埋め尽くされているから、客引きはそりゃ大変。
私たちはラッキーなことに1つのレストランのお店の人からワインとブルケッタ?(フランスパンにトマトとハーブがのっかったもの)をサービスすると言われ、そのサービスにつられて
席につくことに!
お値段は全体的に少々高めでワイン代も含まれているのでは?みたいな感じでメニューを
見ながらちょっとブルーになったりもした・・・・
4人で前菜にアボカドとスモークサーモンロール・シーサーサラダにパスタ2皿をオーダー。


e0085144_1105180.jpg



 その後、前回ブログ内で紹介したイタリアンのレストランでデザートをと思って行ってみたら
こりゃなんと!!


 デザートだけはダメ!



 忙しいから仕方ないんかな?と思いながらも時間はすでに9時をまわっていた。
そしてその日は平日やというのに・・・・・ そんなんで客を帰すの??
4人だったし、デザート&ドリンクで余裕に$50は超えるはずですが・・・・・
2人でパスタだけ食べて帰るお客さんよりもきっと高いよ?!
他のレストランでもデザートのみはダメなんか?と思って他のレストランの客引きを
している人に聞いてみた


デザートだけでも食べれるの?


返事は ------ 
もちろん! 


そりゃそうよねぇ~。 デザートだけはダメなんていうレストランって初めて聞くもん><

ん~~~ まぁそんなこともありながら結局食事をしたレストランへ戻っていた・・・・笑


e0085144_3252223.jpg


ここのレストランはパスタもニョッキもデザートも美味しくってお店の人も感じのいい人
機会があれば是非、足を運ばせてくださ~い★



e0085144_333583.jpg




Via Vento

234 Lygon St. Carlton Vic. 3053

Tel: 03-9663-3151
http://www.viavento.com.au

[PR]
by pb98 | 2006-07-09 03:36 | メルボルン
ジブリ音楽

 ジブリ映画は好きですか?
 どの作品が、どの作品の音楽が好きですか?


 
 私は 『魔女の宅急便』 が一番好きかも!
全体的に明るいから好き。途中、キキが落ち込むシーンもあってしめっぽくなるけど・・・・・
ジブリ作品の音楽はどれも好きで1つには決めれない。



 eminence と言うオーケストラの皆さんがジブリ映画の音楽と、ファイナルファンタジー というゲームの音楽を演奏しにメルボルンにやってきました!


e0085144_23164849.jpg



そしてあの有名な 木村 弓さんが 来られました!

★『千と千尋の神隠し』 で使われた 『いつも何度でも』 という歌と演奏をしている人★

木村 弓さんだけの公演もありましたが eminence のゲストとしても迎えられていました。

ファイナルファンタジーのゲームをしたこともなかったので音楽は知らなかったけど、
オーケストラで聞く限りとてもキレイな音楽でした!
もちろんジブリ映画の音楽はオーケストラで聴くと迫力があるというか・・・・・・
今回の公演は舞台にビックスクリーンが設けられていて、演奏中に映像が出るという
とても素敵な公演でした。


e0085144_23154311.jpg




最後には木村 弓さんの 『千と千尋の神隠し』 のエンディング
『いつも何度でも』 の演奏もありとても満足♪

 生でみる 木村 弓さん はとても小さくて優しい人でした★
オーケストラの有名な数人と木村 弓さんのサイン会もあった。
みんな沢山のファンのお相手で疲れていたはずなのにとてもフレンドリーで親切な人たち!
指揮者の人がとっても若そうな人でさらにビックリでした~

e0085144_23281686.jpg

[PR]
by pb98 | 2006-07-05 23:31 | メルボルン
加湿器?!

 今の日本はムシムシして気力がなくなるくらいの暑さなんやろな。
その反対でオーストラリアは南半球に位置するから 


 夏場でも湿気がなく乾燥しているのに、冬になるともっと乾燥がひどくなるから困った。
CMでも、乾燥対策?のようなものを1回見かけたほど。内容は・・・・・・



 ☆ シャワーは短めで
 ☆ シャワーの温度は低めで
 ☆ 肌のケアーもしましょう


 そんな感じだったような気がする。

確かに、冬になってとても乾燥がひどくカサカサして痒いし。
肌の弱い私には乾燥は大敵で全身にクリームを塗りたくっても朝起きたら痒いのが難点。
そこで乾燥対策といってはなんだけど


加湿器に目を向けた!


昔、加湿器を持っていた友達が

『オーストラリアの加湿器を使うと天井に カビ が生えた』



なんて言っていた。あれから5年以上たつし、ちょっとは改善されているかな?と思い
加湿器を探してみた。
加湿器を辞書で調べると


'humidifier'


お店に行って  'humidifire' と言っても通じない (T_T) なんで?

掛かりつけのクリニックに行く機会がちょうどあったからそこで加湿器ってなんて言うか
聞いてみると


'vaporaisre'


と言われた・・・・・・・ 日本語訳をすると 『蒸気器?? 霧吹きマシーン??』 (-"-;)

家電をおいているお店を転々としたけど結局たらいまわしにされて見つからず
殆どの店員さんたちはこの 'vaporaisre' を知らなかった。 ビックリ
比較的、年配の女性店員さんは知っていた。そして、言われた一言が


'chemist'



(≧◇≦)エーーー


結局、大きな薬局に行くとあったので即購入


 
e0085144_121375.jpg



 

(((p(≧□≦)q))) ショボ~~~~~~~ 


実際使ってみると、日本語訳通り 
『加湿器』 ではなく 『霧吹きマシーン』 だった


※薬と水を4L入れて8~10時間連続使用可
※使用後必ず窓を開けないと カビ が発生するらしい

[PR]
by pb98 | 2006-07-01 12:16 | オーストラリア